blog.shusukekanda.com

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SEARCH
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
OTHERS
第65話 今年も弾いて?きました。
 ここ数回、話題にあげさせて頂いている「秋田 なまはげオーケストラ第5回公演」についてです。
今回は、初めて客席からのんびりコンサートを楽しませて頂きました。
ところが、急遽オーケストラの皆様のご厚意により今年もステージに上がることが出来ました!
ピアノ以外の楽器を人前で演奏するのは初めてのことです(恐らく・・)。

お聞き苦しい点多々ありますが、お楽しみ頂ければ幸いです・・・

秋田 なまはげオーケストラ第5回公演・アンコール 

ルロイ・アンダーソン作曲 「タイプライター」
  

| Shusuke Kanda | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第62話 ピアノ演奏の巨匠4
 久しぶりのシリーズですね。
もう皆さんご存知。Glenn Gould氏です。
氏の録音の中でも、やはりJ.S.Bachの作品は特別な地位を占めています。
今回は、その中から イギリス組曲です。



綺麗に横へ横へと浮かび上がる各声部。そしてそれらが、瞬間瞬間の縦の響きとして絶妙に重なりあっています。
ノンレガートも極めて高貴であり、その香り高い響きは古楽器の響きを思わせます。
いつまでも身をゆだねていたくなるような、素晴らしい音楽です。

幸運にも氏は、多くの録音を残して下さいました。これらは人類の遺産ですね・・!

ではまた。

| Shusuke Kanda | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第61話 なまはげオーケストラ第4回公演より その2
 前回の補完です。

ブラームス 「悲劇的序曲」作品81。



 短い時間にブラームスの要素がぎゅっと詰まった様な作品ですね。大好きな作品です。
この時は、演奏会の一番初めに演奏されました。


アンコールより

シベリウス 「アンダンテ・フェスティーボ」と、L.アンダーソン「そりすべり」



アンダーソンは、「なまはげオーケストラ」でのアンコールの定番となっておりますが、この回は二曲。ちなみにこの次の回、先日行われた第5回公演のアンコールはどうだったのでしょうか・・?
近いうちにお見せ出来るかと思いますので、お楽しみに!
| Shusuke Kanda | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第60話 なまはげオーケストラ第4回公演より
 秋田の話題が続きますが・・・
先日お邪魔した「第5回公演」ではなく・・・その前の「第4回公演」の模様
です。
(第5回公演の映像素材が手元に届いたら、こちらでもご紹介したいと思います。)

チャイコフスキー作曲、交響曲第6番 ロ短調 作品74「悲愴」
指揮:岡田 友弘
コンサートマスター: 藤村 政芳
管弦楽: 秋田 なまはげオーケストラ
                        2011年2月28日 秋田市文化会館
第1楽章




第2楽章



第3,4楽章




当時、僕はこの公演の2カ月前にロシアを訪れており、モスクワを中心に滞在しておりましたが、モスクワから電車で1時間半程のクリン市へ行く機会がありました。
クリン市と言えば、そう。この「悲愴」交響曲が書かれた土地なのです。
町のはずれには、「チャイコフスキー家博物館」があり、チャイコフスキーが暮らしていた様子を残しつつ、家の中に展示物が並べられています。

クリン駅


チャイコフスキー家博物館外観


内部


このような書斎の窓から、シラカバを眺めながら創作されたのでしょうか・・?


この「悲愴」交響曲は、その昔実験でうつ病患者さんに聞かせたところ悪影響を及ぼした、という話すらあるようですが、確かに作品が放つエネルギーは凄まじいものです。
クリンを訪れてその雰囲気を感じていた僕は、なまはげオケのリハーサル中ですらそのエネルギーに”あてられ”てしまい、感情が著しく乱されました・・・
いずれにせよ大変な名作であり、それほどのエネルギーを作品に凝縮できることは天才の業ですね。
ではまた。

| Shusuke Kanda | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第59話 秋田より帰宅
 演奏会を聴いてまいりました。(一部・出演もさせて頂きました。)
「秋田 なまはげオーケストラ第5回公演」。
 まず、全体的な印象として、非常にハイレベルな演奏会でした。個人的な見解ではありますが、演奏水準や作品への深い理解は、秋田県におけるこれまでのアマチュア・オーケストラの演奏会史に残るであろう、極めてレベルの高いものでありました。三曲いずれも「熱演」でした。
特に、ラフマニノフの交響曲第2番は、秋田県アマチュア奏者有志の手によって演奏されたという点でも、初の快挙にして望みうる「最上」の水準であったと確信しております。
素晴らしい!!
 中プログラムでは、第3回公演からご指導頂いております東京フィル首席奏者・藤村政芳先生をソリストに迎えた、ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番でありました。
大変彫りの深い演奏で、素晴らしいソロでした! オーケストラも初めてのヴァイオリン協奏曲挑戦ということでしたが、非常に勉強になった一曲だったのではないでしょうか。
 指揮は第1回公演からご指導頂いております岡田友弘先生。新設のオケを5年の歳月をかけ、ここまで育てて頂いたことにこの場をお借りして御礼申し上げます。

 次回公演スケジュールはまだ未定のようですが、決まり次第このページでも告知させて頂きます。僕も出来る限りのお手伝いはしていきたいと考えておりますので、今後ともなまはげオーケストラ、宜しくお願いします!
出演者の皆様と(本番終了後の打ち上げにて。)
| Shusuke Kanda | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第58話 秋田なまはげオーケストラ第5回公演
 すっかりご無沙汰してしまい恐縮です。
2012年初投稿とは!!

ようやく身辺の事情も落ちつき時間が出来ました。久しぶりにリラックスしております。

明日から三泊で秋田へ行って参ります。
そうです。またこの季節がやってまいりました。

「秋田 なまはげオーケストラ第5回公演」です!!


今回は、初のヴァイオリンコンチェルトに挑戦となりました。
第3回公演からご指導頂いております、コンサートマスター・藤村政芳先生に
ブルッフのヴァイオリン協奏曲・第1番のソリストをお願いする運びとなりました。
これは楽しみですね!
メインの交響曲は、ラフマニノフの2番。これもまた、過去最大の規模の交響曲となりました。
新しいことに挑戦し続ける「なまはげオケ」らしい選曲と言えそうです。
第1回公演~第4回公演までソリストを務めさせていただいた僕も、今回は初の客席となります。個人的には非常に楽しみですね!

お近くの方は是非とも!会場でお会いしましょう!!
| Shusuke Kanda | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第55話 勝手にハイライト

 すっかり間があいてしまいました。申し訳ございません!

10月1日に開催致しました、「神田周輔の勝手にリサイタルvol.1-Trio Towson Salon Concert-」の模様を収録した動画をYoutubeにアップ致しました。
お越し頂けなかった方々も、当日の雰囲気を感じて頂ければ幸いです!

 自分の名前をコンサートタイトルに入れると、どうも良くないようで、この日も体が固まってしまいました!お見苦しい点多々あったとは存じますが、ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございます。

また、お会いできますことを!

前編





後編
| Shusuke Kanda | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
第50話 いよいよ土曜日
 今週土曜日、10月1日はいよいよコンサートです!
 宜しくお願い致します!明日は最後の合わせです。



| Shusuke Kanda | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第47話 巨匠がまた一人・・・
 ドイツの名指揮者クルト・ザンデルリンクさんが18日、ベルリンで亡くなられたそうです。1912年のお生まれですから、98歳。

個人的な思い出としては、やはりブラームスの交響曲集、ラフマニノフの録音でしょうか・・よく聴きました。

謹んで哀悼の意を申し上げます。

では、ギレリス氏とのBeethoven Piano Concerto No.4をどうぞ。

| Shusuke Kanda | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第45話 トリオの合わせ コンサート告知動画
 前回も少し触れましたが、題名の通りコンサートへ向けての初合わせをやりました。
本番に向けて少しでも、雰囲気が伝われば幸いです。
今回は名曲も名曲揃い!!精いっぱい努めますので、宜しくお願い致します!




※動画修正致しました。URLが変更されております。
| Shusuke Kanda | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
<new | top | old>