blog.shusukekanda.com

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SEARCH
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
OTHERS
<< 第20話 ピアノ演奏の巨匠3 | main | 第22話 ミヤマキリシマと芝桜 >>
第21話 道の駅 象潟
 昨年の今頃は何をしていたのか、と考えましたら秋田県由利本荘市の病院に行っておりました。病院で宿舎も用意して頂きましたので、せっかくなのでその周辺を観光していた記憶があります。

もうそろそろ、その季節でしょうか。由利本荘市から国道7号線を南に進むと道の駅・象潟があります。松尾芭蕉も歌に詠んだように、当時は今よりも土地が低く(後年隆起した)、宮城県の松島と並んで松の浮島としての景勝地だったようです。

その象潟の名産が、夏の岩ガキ。道の駅・象潟ではカキの販売をしており、その場で殻をむいて食べる事も出来ます。

これがその様子。



大きさによって値段が違うんですね。当たり前ですが(笑)

そしてカキ。



 大変新鮮で、生ガキの鮮烈さや匂いが苦手と言う方もすんなり食べられるかもしれません。
僕もそんなに得意な方ではありませんでしたが、大変美味しく戴きました。

秋田県にお立ち寄りの際はぜひ。




| Shusuke Kanda | 暮らし | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









url: トラックバック機能は終了しました。