blog.shusukekanda.com

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
SEARCH
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
OTHERS
<< 第25話 ツツジ率が高い | main | 第27話 秋田での演奏を振り返る >>
第26話 アメリカ資本の某スーパー
 札幌の郊外に3年ほど前に出来たのですが、今さらながら行ってみました。
年会費4000円ちょっとの会員制度ですが、無料ご招待の日があるんですね。
それに合わせて行ってみた、ということです。

高い天上の倉庫風店内には、陳列と在庫を兼ねる棚がそびえたっています。


なるほど。コスト削減の形態でしょうか。




店内全貌はこんな感じ。
大きいカートを押しながら、広い通路を進んで行くスタイル。

何でもかんでもまとめ売り、の印象。
業務用の様な洗剤、大ぶりカットのチーズ、ハム。
タッパーの中に入った様な、これまた大きなティラミス・・・・

日本人的な感覚からすると、「美味しくなさそう・・」に見えるのが正直なところでしょうか。

値段も物にはよるのでしょうが、そんなに割安感もなく。
会員でなければ5%増し。入店の際にも申し込みに手間取り時間を取られる。
僕には、随分と高飛車な営業形態に映りました。

再訪はないかな・・?
魅力は感じませんでしたね。



| Shusuke Kanda | 暮らし | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









url: トラックバック機能は終了しました。