blog.shusukekanda.com

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SEARCH
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
OTHERS
<< 第32話 菖蒲園 | main | 第34話 落語を見る >>
第33話 とあるジンギスカン店で
 とあるジンギスカン店で。
以前から気に入っていたので、秋田から来てくれた友人と共に数年ぶりの再訪。

席の案内で若干の不快感があるも、気にせず着席。
しかし、次の所で疑問が。

生肉が出てきたのですが、トングが無い。一緒に出てきたのは二膳の箸のみ・・・

ん・・?
食事をする箸で生肉を焼け、という事でしょうか・・・

このご時世。あの様な事故があったと言うのに、ちょっと無頓着すぎやしませんか?
いくら安全なもの、と自信があるのかわかりませんが、自分の所だけ気をつけても、流通の過程では手の届かないことがある、と言う事が周知の事実になったではないですか。
ましてや夏真っ盛りです。

ちょっとがっかりでした。

再訪は難しいかな・・


| Shusuke Kanda | 暮らし | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
akiva (2011/07/18 10:33 PM)
「安全」、「美味」、「安価」の三拍子揃った「ジンギス“かん”店」のオープンが待ち望まれますな。
kanda (2011/07/18 10:36 PM)
ちょっと最近外れなんです。今日行った蕎麦屋も態度だけご立派でびっくりしちゃいました。最近多い、「脱サラ系」の手打ちそば屋の典型でした。味も態度も休日の趣味レベル。自宅でやっていてほしいと真に思います。
飲食店って難しいわ。と言う訳で、素人が手を出さずに真のプロにお任せしましょう!









url: トラックバック機能は終了しました。